海に行く際に準備しておきたい6つのモノ

夏の一大イベントと言えば海水浴です。家族連れやカップルなどで毎年各地の浜辺でBBQなどを楽しむ人が多くいます。大学生なんかはサークルの合宿で海にいくという人もいるのではないでしょうか。今回はそんな海に行く際に準備しておきたい5つのモノをご紹介します。

海で準備しておきたい6つのモノ

海で準備しておきたいものは以下の通りです。

  • 水着
  • 長袖で羽織ることの出来る服
  • 水分
  • タオル
  • 日焼け止め
  • 化粧水などの肌ケア

以上6つのモノを順番に解説します。

水着

海にいったら必需品といっても過言ではないのが水着です。

女性の場合は様々なタイプの水着がありますが、年齢層の丈にあった水着をおすすめします。例えば、大学生で肌がたくさん隠れるような水着を着ていたら子供っぽい印象を与えてしまいます。女性としては確かにビキニなどの露出度が高い水着を着るのは最初は若干抵抗があると思います。しかし、一旦着てしまえば、夏というテンションもあいまって慣れてしまう場合がほとんどです。

たまに恥ずかしさから水着の上にTシャツなどを着ている女性もいますが、一度Tシャツを着てしまうと脱ぐタイミングが掴みにくいのであまりおすすめできません。

またビキニを着る際に注意点としてはムダ毛の処理をきちんと行いましょう。多くの男性は女性のムダ毛を嫌います。ムダ毛処理を行っていないと、男性からの印象も下がってしまいます。そういった事態を防ぐためにもきちんと脱毛を行いましょう。脱毛に関してもっと詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリットとは【徹底解説】

2019.02.11

脱毛のメリット・デメリットとは【徹底解説】

2019.01.13

今どきの大学生の脱毛事情【女性必見】

2019.01.13

長袖で羽織ることの出来る服

長袖で羽織ることの出来る服を一枚は準備していきましょう。

海行く際に怖いのが日射病や熱中症です。太陽の光は身体に熱をためます。太陽の光は地面に反射するので、砂場からも太陽の光を浴びるので、あらゆる方向から人間は太陽の光を浴びることになります。そうなれば必然的にどんどん体温が上がって、日射病などの病気に繋がる可能性が高くなります。

太陽の光を直接浴びるのを防ぐためにも、長袖の服で身体を守ることが必要です。ただ長袖の服でより熱を溜めやすくなったら意味がないので、出来るだけ薄手のものを準備しましょう。

また紫外線予防という意味でも長袖の服は大切です。紫外線は肌にかなりのダメージを与えるので、シミなどに繋がる可能性が高くなります。そういったリスクを抑えるというためにも長袖の服は一枚は必要です。

水分

海に行く際に準備しておきたいのが水分です。

水分は前述した日射病や熱中症予防に役に立ちます。日射病は多量の汗が出て、脱水症状に陥ってしまう病気のことです。水分を十分に補給すれば、日射病のリスクを大幅に下げることが出来ます。

人間は知らず知らずのうちに汗が多量に出ています。のどが渇いたら水分補給をする人がほとんどだと思いますが、それでは間に合わない可能性があります。のどが乾いていなくても、こまめに水分補給をしてください。目安としては大体2リットルの水やスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

タオル

海に行く際にタオルも準備しておきたいモノの一つです。

タオルは身体を冷やさないように使います。夏でも身体というものは冷えます。特に海に入った後、濡れた状態で外にいると急激に体温は下がります。人間は急激な体温の変化に対して、風邪を引きやすくなります。風邪予防のためにも、海に入ったら、素早く身体を拭いて身体を温めてあげることが大切です。

日焼け止め

日焼け止めも海に行く際に準備しておきたいモノの一つです。

海は水着など必然的に露出度の高い服を着ることが多いです。つまり、紫外線で晒される肌の範囲が大きくなるということです。紫外線は肌の天敵です。前述した通り、シミなどの女性によって最悪なものをもたらすかもしれません。肌は女性の魅力の一つなので、出来れば紫外線によるダメージは極力避けたいものです。

紫外線から肌を守るためにも紫外線から守る効果の高い日焼け止めを使用するようにしましょう。

化粧水などの肌ケア

海に行く際に化粧水などの肌ケアも準備するようにしましょう。

日焼け止めなどを用いたとしても、肌には少なからずダメージが残ってしまいます。肌が若干赤くなっている方は軽いやけど状態であるということを認識してください。

化粧水などの肌ケアを使う前にまずは数時間、氷などで肌を冷却するようにしましょう。肌のほてりがある程度収まったら、化粧水などの肌ケアを使ってもOKです。

日焼けした肌は特に乾燥して敏感な状態です。保湿成分が高いものを優しく染みこませるように使いましょう。下記におすすめの化粧水をご紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

乾燥肌を救うおすすめの化粧水【2019年度版】

2019.01.20

万全の準備をして海を楽しもう

今回は海に行くときに準備しておきたい6つのモノをご紹介しました。海は紫外線や病気などのリスクがたくさん潜んでいます。準備を怠るとそういったトラブルに巻き込まれてしまいます。そういった事態を避けるためにも、しっかりと準備をして海水浴に出かけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です